ミレーの描いた「晩鐘」の舞台、バルビゾン村

フォンテーヌブローの森に隣接しているバルビゾン村は、19世紀にジャン=フランソワ・ミレー、テオドル・ルソーなど自然風景や農民の日常生活を描く画家たちが多く集まり、「画家たちの村」として知られるようになりました。そして彼らは後に、バルビゾン派として美術史に名を残します。

1849年に、コレラが流行していたパリを離れ、家族とともにバルビゾン村に避難したミレーは、1875年にここで一生を終えました。あまり裕福ではなかった彼は、質素な生活を送りながら9人の子供を養い、このアトリエで「晩鐘」、「落穂ひろい」などの傑作を描きあげたのでした。

 

お知らせ
27/02/2017
教育
18/10/2016
ホテル『エーグル・ノワール』
11/10/2016
ヴォー・ル・ヴィコント城
パートナーズ
Château de Fontainebleau
Château de Vaux-le-Vicomte
CNPMAI
ALIS Travel Agency
Four Seasons Press
Esprit Francais Co. ltd
Z Group Co., Ltd.
Hotel Aigle Noir
てんぷら小野